鮭(塩引鮭・塩引き鮭)の通販 永徳 鮭乃蔵


贈り物ガイド

贈り物ガイド:贈り物に関する一般的な知識を簡単にまとめてご紹介しています。

  • 冠婚葬祭のマナー
  • 熨斗のマナー

御中元のマナー

贈る時期は7〜8月中旬。

御中元を贈る時
お中元は、半年間の感謝の気持ちを込めて、お世話になった方々へ贈ります。
[熨斗:水引は紅白蝶結び、表書きは「御中元」]

御中元のお返しの時
お中元をいただいた場合のお返しは原則として必要ありませんが、お返しをする場合は、贈られた品物と同程度の金額のものである必要はありません。

御歳暮のマナー

贈る時期は12/1〜12/末が一般的。

御歳暮を贈る時
お歳暮は、一年の感謝の気持ちを込めて、お世話になった方々へ贈ります。
※年内に贈れなかった場合は、「御年賀」として新年になってから松の内(1月7日まで)に届くようにします。
[熨斗:水引は紅白蝶結び、表書きは「御歳暮」]

御歳暮のお返しの時
お歳暮をいただいた場合のお返しは原則として必要ありませんが、お返しをする場合は、贈られた品物と同程度の金額のものである必要はありません。

結婚祝いのマナー

お祝いの品を贈る時期は挙式の1週間前まで。

結婚祝を贈る時
お祝いの品を贈る場合は、挙式・披露宴の招待を受けてから挙式の1週間前までに贈ります。紅白もしくは金銀の水引を結びきりで、表書きは「寿」や「御結婚御祝」とします。
[熨斗:水引は紅白もしくは金銀の結び切り、表書きは「御結婚御祝」]

結婚祝のお返しの時
披露宴に招待した人へのお返しは、招待がお返しにあたるので基本的に不要。結婚祝いをいただきながら招待できなかった人には、挙式後1ヶ月以内を目安に内祝いとしてお返しを贈ります。
[熨斗:水引は紅白の結び切り、表書きは「内祝」または「結婚内祝」とし、夫婦連名または新しい姓のみを書く]

出産祝いのマナー

お祝いの品を贈る時期は産後1ヶ月頃

お祝いを贈る時
出産祝いを贈る時期は、産婦が退院して落ち着いた産後1ヶ月頃に贈るのが一般的。
[熨斗:水引は紅白蝶結び、表書きは「御出産御祝」]

お返しの時
[熨斗:水引は紅白蝶結び、表書きは「内祝」として誕生した子供の名前を入れる]

快気祝のマナー

お返しの時
病気が治り、退院してからなるべく早い時期に贈ります。
[熨斗:水引は紅白結び切り、表書きは「快気内祝」]

鮭の本場 村上より大切なあの方へ本物の味をお届けしませんか?

「塩引鮭(塩引き鮭)」は新鮮な雄鮭と粗塩のみを原料に保存料・添加物を一切使用せず、昔ながらの手作業で一尾ずつ丁寧に仕込んでいきます。仕上げる為に最も重要なのが当地特有の冬の季節風です。適度な低温と湿度の北西の季節風に晒す冷風乾燥により、ゆっくりと余分な水分を取り除きながら鮭本来の味の凝縮、旨味の熟成を促し、独特の風味を生み出します。越後・村上ならではの気候風土と先人の知恵の賜物が「塩引鮭」です。本物の味を大切なあの方へお届けしてみてはいかがでしょうか。

包装にもこだわり、先様に喜ばれる贈り物を。-- 熨斗・包装無料

贈り物やギフト用途で、ご購入の場合は包装・熨斗を付けてお届け出来ます。<br>※商品の形状によっては包装が出来ない場合がございます。

当店では、明細書など金額が分かるものは、お入れしておりませんので安心してギフトにご利用ください。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100016933&eid=159

ページトップへ