鮭(塩引鮭・塩引き鮭)の通販 永徳 鮭乃蔵


鮭の稚魚放流式!


2018年4月23日


村上市の三面川漁協が主催する毎年恒例の「三面川・鮭稚魚豊漁式」が4月13日、第3ふ化場前で開催されました。

式には新潟県知事、地元選出の国会議員や県議会議員、村上市長らが出席し挨拶を述べた後、羽黒神社の宮司により鮭の豊漁を祈念し神事が執り行われました。

その後、市内の村上小、村上南小、瀬波小、猿沢小、小川小、塩野町小の4〜5年生約200名が参加し、7センチほどに育った鮭の稚魚5万尾を三面川に放流しました。

三面川漁協では毎年約800万尾の稚魚を放流していますが、大海原を回遊し4年後に成魚となって三面川に帰って来る鮭は1%にも満たない4〜6万尾程度です。この1%未満という回帰率は北海道や三陸と比べると低い数値ですが、やはり日本海側の厳しい海洋条件や回遊距離の長さが影響しているのでしょうか。今年は沢山の鮭が帰ってきますように。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100016933&eid=384

ページトップへ