鮭(塩引鮭・塩引き鮭)の通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵


笹川流れマラソン


2018年4月16日


4月8日、村上市制施行10周年記念事業の一環として、「笹川流れマラソン」が景勝地・笹川流れを舞台に開催されました。

市街地ではなく、風光明媚な海岸道路を走る当イベントは、すっかり県北の名物マラソン大会として定着し、今年で32回目の開催。マラソン愛好家からの人気も高く、北は北海道、南は福岡県から約1800人のランナーが参加しました。

選手たちは3キロ、10キロ、ハーフマラソンの3種目に別れ、午前9時半に号砲とともにスタート。日本海の雄大な景色と満開間近の桜の花を背景に、海岸線を一斉に駆け抜けて行きました。

大会当日は、時おり季節外れの雪やみぞれが降る厳しいコンディションとなりましたが、選手たちは沿道の声援に背中を後押しされながら、懸命にゴールを目指しました。ランナーの皆さん、大会関係者やボランティアの方々、大変お疲れ様でした。

直行タクシー運行開始


2018年4月9日


格安航空会社のピーチ航空が3月に新潟−大阪(関西空港)線を開設したのを機に、村上市では新潟空港から瀬波温泉に直行する乗り合いタクシーの運行を4月1日から始めました。

従来、観光客が新潟空港から村上の瀬波温泉に移動するには、空港からバスやタクシーを利用してJR新潟駅まで行き、1時間ほど電車に揺られて村上駅まで北上、そして更にバスやタクシーに乗り換え瀬波温泉まで10分ほどの乗車と、決して交通の便が良いとは言えませんでした。

初日の1日には市の観光関係者らと瀬波温泉のPRキャラクター「せなみん」や市の観光キャラクター「サケリン」が到着ロビーで瀬波温泉のパンフレットを配布して利用を呼びかけました。

この直行タクシーは予約不要で、料金はお1人様2,000円。新潟空港からのアクセスがぐんと便利になった瀬波温泉にぜひお出掛けください。

SL村上ひな街道号


2018年4月2日


今年は3月に入っても厳しい寒さが続いていましたが、中旬を過ぎると天候が一変し、一気に春めいて来ました。そんな中、3月24日と25日の両日、新潟市方面からの乗客を乗せた「SL村上ひな街道号」が村上駅にやって来ました。

このSLは毎年3月に行われている村上の恒例イベント「町屋の人形さま巡り」の会期に合わせて、平成14年から毎年運行されているもので、2日間で約300人の観光客が春の村上を訪れました。

SLの到着にあわせ、駅前広場では一日駅長に扮した元力士「臥牛山」やちびっ子お雛さまらとともに、多くの鉄道ファンや家族連れがお出迎えしました。また歓迎セレモニーでは、デビューしたての瀬波温泉の観光キャラクター「せなみん」や「サケリン」、粟島浦村の「タイボーくん」など8体のゆるキャラも駆けつけ、駅前は多くの見物客で賑わいを見せました。

凱旋パレード


2018年3月26日


3月21日の春分の日、平昌オリンピック、スノーボード男子ハーフパイプで、ソチオリンピックに続いて2大会連続の銀メダルを獲得した平野歩夢選手の凱旋パレードが開催されました。 午後1時、号砲を合図に平野選手を乗せたオープンカーが村上市役所前を出発すると、沿道を埋め尽くした観客からは大声援。市の発表によれば、全国各地から約1万5000人のファンが観戦に駆け付けたそうです。 4年前のパレードでは、あどけない少年のような顔つきだった平野選手ですが、19歳になった現在、精悍な表情の青年に成長していました。世界の強豪との対戦や大怪我からの復帰など、様々な苦難を乗り越えて、強く逞しくなった印象です。 平野選手の大活躍を受けて、村上市は瀬波温泉地区に国内最大級のスケートパークの建設に着工しました。この地から、第二の平野選手が誕生することを期待しています。

第4回 食べ歩き・ぷちグルメ


2018年3月19日


今年の冬は何十年ぶりかの大雪で3月に入ってもまだ道路脇には雪が残っていましたが、今月中旬からの気温の上昇によってようやく残雪も消えたようです。

本格的な春の到来とともに、恒例のイベント「町屋の人形さま巡り」も中盤に入り、多くの観光客で賑わいを見せています。そしてその人形さま巡りに合わせて、3月20日から4月3日までの約2週間、4回目を数える「食べ歩き・ぷちグルメ」も併催されます。

地元・村上小学校の生徒の発案による当食べ歩きイベント。今年も30店を超える参加店が工夫をこらした地場産グルメをワンコイン(500円)以下で提供します。

和食処・悠流里では、普段は店内でお出ししている人気メニュー「村上牛コロッケ」を1個280円でテイクアウト可能。芳醇な村上牛ミンチとほくほくのジャガイモを使った揚げたての特製コロッケをお楽しみ下さい。

にいがた酒の陣2018


2018年3月12日


2004年から開催されている「新潟淡麗にいがた酒の陣」が、10日11日の両日、新潟市の朱鷺メッセで開催されました。もともとはドイツのミュンヘンで毎年10月に開催されるビールの祭典「オクトーバーフェスト」がモデルとなっているのだそうです。

世界的な日本食ブームもあり、海外からもバイヤーや日本酒党が足を運ぶ大人気イベントに成長したこの酒の陣。昨年は約13万人という過去最高の来場者数を記録しましたが、今年はどれ位の人が来場されたのでしょうか。

おすすめのポイントは何といってもお酒の種類の豊富さ。試飲チケットを購入すれば、約90の酒蔵の500種類以上の地酒を味わうことが出来ます。

また、日本酒だけでなく食のブースも負けてはいません。地魚を使った握り寿司、佐渡産牡蠣、村上牛など食材の宝庫・新潟ならではの充実のラインナップ。未体験の方はぜひ一度ご来場下さい。

人形さま巡りが始まりました


2018年3月5日


1日から町屋の人形さま巡りがスタートし、市内は、人形を見ようと訪れた人たちで、連日にぎわっています。
加盟店の方から、ひな人形についての豆知識を教えていただきました。

― ひな人形の三人官女は、1人だけ結婚している
三人官女の中で、中央にいる女性が、一番地位が高いそうです。
よく見ると、その女性だけ、眉がうすくてお歯黒をつけています。
これは、婚約もしくは結婚している、という意味を表しているそうです。

― ひな人形で、男性も顔が白いのは高貴な身分の証
位の高い貴族はお化粧をする習慣がありましたので、男性でも白くなっているそうです。

段飾りの下の方に、白衣を着た3人を見かけたことはありませんか?
これは、雑用係で身分の低い家来なのですが、そのうちの1人だけ顔が白いのは、化粧ではなく、体調が悪いからなのだそうです。

人形の説明を聞きながら散策できるのが、人形さま巡りの醍醐味です。
ぜひお越しください。

村上2大地酒の競演


2018年2月27日


先日、市内のホテルを会場に「第11回 村上の地酒を楽しむ会」が開催されました。当会は小売酒販組合・村上支部と地元の酒販店が共催するもので、全国的にも有名な銘柄・〆張鶴と大洋盛が2,500円で飲み放題とあって、左党が冬の恒例行事として楽しみにしている人気イベントです。

大吟醸から純米酒、本醸造など、それぞれの味わいの違いを楽しみながら呑み歩くことができ、更には日本酒に合うおつまみも用意されているという当イベント。酒蔵のスタッフや小売店主が、それぞれの酒の特徴や料理との相性を説明してくれるので、日本酒初心者でも十分に楽しむことができます。

会に先立ち、利き酒コンテストが行われ、上位3名は3月10日、11日に朱鷺メッセで行われる「新潟酒の陣」の利き酒コンテストへの出場権を獲得しました。村上地区代表として優勝目指して頑張って来て下さい。

祝 平野歩夢 銀メダル


2018年2月19日


平昌オリンピック、スノーボード男子ハーフパイプ決勝で、村上市出身の平野歩夢選手が前回のソチオリンピックに続いて銀メダルに輝きました。

決勝の2回目、平野選手は縦に2回転、横に4回転する「ダブルコーク1440」の大技を連続で決めてトップに立ちましたが、米国のショーン・ホワイトに最終の3回目で逆転を許すという本当に惜しい結果となりました。

村上から駆け付けた応援団が大声援を送る中、見事期待に応えた平野選手は弱冠19歳。まだまだ無限の可能性が感じられます。

報道によれば、平野選手は2020年東京オリンピックで新種目に採用されたスケートボードでの出場を目指しているそうです。そして今回金メダルのショーン・ホワイトも同種目を照準にしているとの事。舞台を夏の東京に変えて、ライバル同士の再激突が見られるかも知れません。その時はぜひ雪辱を果たしてほしいですね。

新キャラクター「せなみん」誕生


2018年2月13日


かねてより公募されていた村上・瀬波温泉の新キャラクターの名前が決定し、先日お披露目会が開かれました。応募総数311通の中でも「せなみん」が圧倒的な1位だったそうです。

瀬波温泉は開湯100年を超える新潟県有数の温泉地で、新鮮な魚介類や村上牛などのご当地グルメはもちろんですが、日本海に沈む夕日の美しさも大きな魅力となっています。

この新キャラクターは、頭にタオルをのせた夕日が、日本海という大きな温泉に浸かり、悦に入っている様子をデザインしたもので、今後様々なイベントに引っ張りだこの人気者になることでしょう。

ご当地キャラには、皆さんご存知の「くまモン」や「ふなっしー」など全国区の知名度・人気を誇るゆるキャラも有ります。ぜひ「せなみん」も瀬波温泉の魅力を全国に発信し、多くの人に知られる存在になってほしいと思います。

ページトップへ