鮭(塩引鮭・塩引き鮭)の通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵


今年ももうすぐ… [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年12月27日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵の スタッフの『こっこ』 です。

12月23、24日の連休もお店には塩引鮭や寒風干し、詰合せなどを求めて来店されるお客様で賑わいました。
店の前に下がっている鮭の中から自分の気に入った鮭を手に取り切り身にして持ち帰る人も多いので切り手は大変ですね。 大きな鮭を選ぶ方は、値段をあまり気にしないようです。私もそんな風に買い物をしてみたいものです。
年末までもうひとがんばりです。


三面川鮭の稚魚飼育の様子 [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年12月26日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵 店長の三浦です。

12月22日、三面川鮭の稚魚飼育の様子をお伝えします。
ようやくお腹の栄養の袋が小さくなり、魚の体に色が出てきました。お腹の袋が完全になくなったら餌を与えていきます。現在わずか体長は3センチ位ですが、4年後には80センチになると思うと不思議で神秘的なものを感じます。現在、水槽を鮭乃蔵店内に移動して、お客様にも鮭の稚魚の様子が見られるようにしてあります。

機会があれば是非お立ち寄りください。




ラジオ番組取材 [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年12月25日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵の スタッフの『てつ』 です。

地元・BSN新潟放送のラジオ番組「ゆうWAVE (15:00〜17:30)」内での取材がありました。鮭乃蔵にラジオパーソナリティの山田かおりさんが来店、店長の三浦が取材を受けました。12月も2/3を経過して一段と寒くなってきましたが、塩引鮭を作るには絶好の気候となってきましたので、弊社の塩引鮭を紹介させていただきました。是非「年越し魚」としてご利用ください。はらこ(いくら)醤油漬や味噌漬など漬け魚の詰合せもご用意しております。
店長の三浦はいつも飄々としていて、生放送(生中継)の取材でも緊張することはないのですが、今回は写真を見ると美人からの取材で緊張していたようです。


山田かおりさんと緊張の面持ちの三浦です。


癒されます [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年12月21日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵の スタッフの『こっこ』 です。

最近はものすごく忙しく、バタバタしています。その中でふと見ると小さな生き物が元気に動いています。一体何を思いながら泳いでいるのかなぁとか考えると少し微笑ましい気持ちになります。この中でどれくらいが4年後に戻ってくるのか…。とても楽しみです。(確認は出来ませんけど)




鮭乃蔵のフリーペーパー [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年12月20日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵の スタッフの『N』 です。

鮭乃蔵のフリーペーパーが新しくなりました!

最新号は売店まで!
営業時間など便利な情報が載っています。




「ウライ撤去」 [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年12月19日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵の スタッフの『てつ』 です。

川を上ってきた鮭を「一括採捕」するために設けられた「ウライ=ヤナ場」と「落とし柵(カゴ状の柵)」は例年通り、先日撤去されました。これから川に入ってくる鮭を捕る漁法は「テンカラ漁」が主体になりますが、三面川鮭産漁業協同組合の組合員のみができる漁法です。釣り竿・糸・釣り針を使うのですが、餌を食わせるのではなく、「引っ掛け」釣りです。自重のあるイカリ状の釣り針を沈めて、近づいてきた鮭を引っ掛けて豪快に引き上げます。場所選びが釣果を左右するらしく、メスが産卵をする条件のそろった場所は、メスを狙ってオスが集まるため大漁が見込めるのだとか。次回は実際に鮭をあげているところを紹介できればと思っています。











水槽を移動しました [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]

2012年12月18日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵の スタッフの『Ko』 です。

先日、鮭の卵が孵化したので鮭乃蔵店内に移動し、お客様に公開する事になりました。水槽内を自由に泳ぐ鮭の稚魚、動いていなくてちょっと心配になる時もありますが、今は元気に泳いでいます。

是非一度稚魚の泳ぎを見に来てください。




稚魚飼育の様子 [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年12月13日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵 店長の三浦です。

12月7日、三面川鮭の稚魚飼育の様子をお伝えします。鮭の受精卵50個を育てていました。12月1日より孵化していき本日無事に50個全部孵化しました。

元気に泳ぎまわっています。今は、生まれたばかりでシラスよりも小さくお腹に栄養の袋がついています。約1週間から10日ぐらいでこの袋がなくなり餌を食べるようになります。見た目も魚のような体に変化していきます。

その様子はまた後日ご連絡いたします。




初雪 [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年12月12日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵の スタッフの『N』 です。

寒いですねぇ。
私は27日鮭乃蔵で初雪を見ました(一部の社員は15日の朝に見たようですが…)。雪が降り、風が冷たくなるといよいよ塩引鮭のシーズンだなぁ〜と感じています。




今年初めての積雪 [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年12月11日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵の スタッフの『てつ』 です。

当地村上の冬ならばいずれは降るものなのですが、今年初めての積雪となりました。山間部はすでに積雪となっている所もありましたが、旧城下町地区では今季初めての積雪です。昨今は「地球温暖化」と言われていますが、この雪を降らせる気候・気象条件がないと良い塩引鮭はできませんので、その点では待望の冬らしい天気ともいえます。個人的に寒さは苦手なのですが、この季節になると「寒暖問わずその季節らしくなること」は必要なのだと実感します。


まだまだ薄らとした積雪です。


鮭乃蔵売店前の風除室


鮭の稚魚が孵化しました [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年12月10日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵 店長の三浦です。

12月1日、鮭の稚魚が孵化しました。

50個の鮭の受精卵を育てていました。ようやく本日5尾孵化して元気の泳いでいます。鮭乃蔵の店内で皆様に見ていただくのは、7日から10日後となりそうです。これから2日〜3日で全て孵化すると思います。全部孵化したらまた様子をお伝えします。

今回は始めての試みだったので、無事に孵化してくた事で少し安心しました。




冬本番 [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年12月7日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵の スタッフの『こっこ』 です。

12月に入り、だいぶ寒さも増してきました。『御歳暮』という言葉もあちらこちらで聞こえてきて、これからが1年で一番忙しい時期を迎えます。鮭乃蔵でも塩引鮭や寒風干しを店の前に吊るしてお客様をお待ちしております。

店内では詰合せ商品も並んでいるので、是非おいでください。




寒風干しと塩引鮭の販売 [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年12月6日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵の スタッフの『N』 です。

寒くなってきましたので、11月22日から鮭乃蔵で寒風干しと塩引鮭の販売を始めました。12月に入り、販売本数も増えてきました。
鮭乃蔵、プラザ店共に、皆様のご来店心よりお待ちしています。




生鮭販売の様子 [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年12月4日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵 店長の三浦です。

11月25日、生鮭販売の様子をお伝えします。
朝の9時より販売がスタートしたと同時にこのにぎわいです。村上では、普通の一般家庭でも自宅で塩引鮭を作ります。塩引鮭は、村上の年越魚として年末には欠かすことができません。一言でいえば、鮭に塩を入れて干すだけの事ですが、塩の入れ加減、塩の抜き加減、鮭の干し加減、等々その家々で微妙に違います。

塩引鮭は、年越に自宅で食べるだけではなく、お歳暮として贈り物にしたり、7月まで干し上げて鮭の酒びたしに仕上げたりします。その為、1軒の家で多いと20本近くの生鮭を買うお客さまもいます。

塩引鮭には、村上独特の食べ方がありますが、それはまた次回にお伝えします。





「餅切り」 [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年12月3日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵の スタッフの『てつ』 です。

「餅切り」という切り方をご存知でしょうか?

新潟県では特に鮭の調理の際に一般的にする切り方ですが、他県ではほどんどしていないようです。「餅切り」とは切り餅のように四角形にする切り方です。「餅切り」は三枚におろした半身を切身の幅で背から腹方向に向かって真っすぐ(垂直)に切った後、切り餅のような形になるように切り分けますが、大きなサイズの鮭を使わないと大変効率(歩留り)が悪いため贅沢な切り方とも言えます。通常の切身とは違う方向から切り分けるため、「肉の筋」の見え方だけでなく焼いて食べる時の「ほぐれ方」と食感も少し異なるものになります。
機会がありましたら一度お試しください。


半身をこの切身の幅に「分厚く」切った後に、更に切り分けてこの形にします。


ページトップへ