鮭(塩引鮭・塩引き鮭)の通販 永徳 鮭乃蔵


塩引鮭の粕汁 [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2013年9月21日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵の スタッフの『コジマ』 です。

村上市ではここ数日天気の良い日が続いておりますが、夜から朝方にかけて肌寒く感じるようになりました。
今回は前回同様、塩引鮭の頭を使用して温かい汁物をご紹介致します。
味付けがご家庭で使用している味噌によって左右されがちな料理なので、味噌の量は少しずつ溶いて味を見てください。

ちなみに今回は米糀味噌を使用しました。

〈 材 料 〉約4人前
塩引鮭の頭半身分
大根1/4本
ニンジン
長ネギ1本
4カップ
お湯1カップ
昆布10g
酒粕30g
味噌15g


〈 作 り 方 〉
1. 酒粕を手でちぎりお湯1カップと合わせふやかしておく。
2. 鍋に水4カップを入れ、表面を濡れ布巾で拭いた昆布を入れる。中火にかけ沸騰直前になったら火を止め、昆布を取りだす。
3. 大根・ニンジンの皮を剥き1cm幅のイチョウ切りにする。2の鍋に入れ半分ほど火が通るまで中火で煮る。
4. 塩引鮭の頭を食べやすい大きさに切り分ける。
※歯の部分は食べられませんので取り除いてください。
5. 別の鍋にお湯を沸かし、10〜20秒ほど塩引鮭の身が白くなる程度に湯通しし、その後軽く水で流し臭みを取る。
6. 鮭を2の鍋に入れ5分程煮込む。
※灰汁は都度取って捨ててください。
7. 鍋の火を止め、ふやかしておいた酒粕を練り混ぜて味噌と一緒に鍋の中に溶き混ぜる。
8. 長ネギを斜め切りにし、鍋に入れ温まるまで煮る。




食べる際には鮭の骨がありますので、口の中を傷つけないようお気をつけください。
今回は塩引鮭の頭のみを使用したレシピになりますが、具材も少なく簡単に作ることが出来ます。
肌寒い夜には粕汁で胃の中から温まりましょう。

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://blog.shopserve.jp/cgi-bin/tb.pl?bid=100016933&eid=224

ページトップへ