塩引(塩引き)鮭の通販は新潟県村上の永徳 鮭乃蔵


新潟古町芸妓


2019年4月8日


先日、新潟市内のホテルで行われた、あるパーティのアトラクションで古町芸妓の踊りを鑑賞する機会がありました。何とも艶やかな着物姿に質の高い唄や踊り、芸妓たちの登場とともに会場は一気に華やいだ雰囲気になりました。

京都の祇園、東京の新橋と並び日本三大芸妓と称されて来た新潟の古町芸妓ですが、その発祥は江戸時代にまでさかのぼります。当時、新潟は日本一の米の産地であったことを背景に、北海道と関西を結ぶ北前航路の重要拠点として出舟入船で賑わい、多くの人々の交流の場となっていました。訪れる人々をもてなす中心は彼女たちで、最盛期には300人を超える芸妓たちが華やかに活躍していたと言われています。

世の中の移り変わりとともに芸妓の数は少なくなりましたが、芸の数々ともてなしの心は今なお受け継がれ、新潟を訪れる多くの人々を魅了し続けています。

ページトップへ