塩引(塩引き)鮭の通販は新潟県村上の永徳 鮭乃蔵


標津町で「鮭フォーラム」開催


2019年11月18日


町ぐるみで衛生管理を行う地域HACCPの導入、観光産業化など「鮭」にこだわった町づくりに臨んでいる北海道標津町で「鮭と歩む標津町〜鮭の魅力発信、そして未来へ」と題した「鮭フォーラム」が開催されました。

近年の鮭の漁獲量低迷や、輸入養殖サーモンの台頭などに伴う消費低迷など厳しい環境を踏まえて、標津町が抱える諸課題の解決への糸口を探りました。初めに北水研根室さけます事業所の鈴木栄治所長が近年の秋鮭の来遊状況について基調講演したのち、漁業者や水産加工業者など関係者によるパネルディスカッションが行われました。

かつて標津漁港は道内で漁獲される鮭全体の約1割を水揚げし、秋鮭漁獲量日本一の名をほしいままにしていました。しかし海水温の上昇などの海洋環境の変化からか、水揚げは激減しピーク時の4分の1程度まで落ち込んでいます。

ページトップへ