鮭(塩引鮭・塩引き鮭)の通販 永徳 鮭乃蔵


現在の三面川と種川 [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2013年8月20日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵の スタッフの『てつ』 です。

本年は梅雨が明け本格的な夏到来と思う間もなく、多忙なお盆期間に突入という感じでした。その多忙な状況の一段落したので、久しぶりに三面川本流を見てきました。豪雨の影響で濁り続きだった川もやっと本来の水質の戻ったという感じです。しかし流れてきた大量の砂礫で三面川本流と種川の合流部の形が変わっていました。画像は手前が種川、間に細い川原を挟んで奥側が三面川本流です。本来の合流部は画像の右側の草に覆われたところで、画像中ほどの細長い川原はすべて新しく出現したものです。

自然の力の大きさを感じるとともに、江戸時代の「種川の制」による工事の大変さを想像してしまいました。推し量るに、自然に「抗う」面と「利用する」面をうまく兼ね合わせていかないと難しい事業だったのではないでしょうか?そう考えると昔の人の方が自然とうまく共生してきたのかもしれません。


8月18日の三面川本流と種川合流部。
◆手前が種川、間に細い川原を挟んで奥側が三面川本流です。

ページトップへ