鮭(塩引鮭・塩引き鮭)の通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵


鮭乃蔵入口の様子 [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年11月30日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵 店長の三浦です。

鮭乃蔵入口の風除室の様子をリポート致します。

塩引鮭が約30本、鮭寒風干しが約30本、鮭の酒びたしが約20本で合計80本の鮭が並びました。まだまだピークの3割程度ですが、風除室を通ると鮭のトンネルをくぐった気分になります。12月に入ると250本からの鮭が吊るされます。風除室の中の全ての辺に鮭が並び、鮭に取り囲まれたような気分になります。
また後日、様子をお伝えいたします。



塩引鮭と寒風干しの陳列 [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年11月29日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵 店長の三浦です。

ようやく、村上の日中気温が10度前後と落ち着いてきました。

鮭乃蔵入口の風除室に塩引鮭と寒風干しを吊る(陳列)します。今は50本程度ですが、12月に入ると約200本の塩引鮭と寒風干しが並びます。12月に入ったらまた様子をお伝えいたします。

直接見ていただくとその迫力がよくわかると思います。



鮭乃蔵に鮭の卵が届きました [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年11月28日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵 店長の三浦です。

鮭乃蔵に鮭の卵(受精卵)が届きました。

鮭の孵化事業と鮭の町村上の観光事業が結びつき村上に訪れたお客様に鮭の稚魚を見ていただこうという企画が数年前よりスタートいたしました。今年から鮭乃蔵も参加致します。

まずは、昨日届いた鮭の卵をご覧ください。10日位で孵化すると思います。全部無事に三面川に放流できるようにしたいと願います。

また後日、変化の様子をお伝えいたします。楽しみにしてください。




鮭の酒びたしは見納め [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年11月27日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵 店長の三浦です。

もう、鮭の酒びたしは見納めです。
鮭乃蔵本店の入口付近につるされているのは、鮭の酒びたしです。今年の2月より干し始め、約10ケ月間干し続けました。日中の外気温がようやく下がり始め、来週からは塩引鮭や鮭寒風干しがつるされる為、鮭の酒びたしは、製品として加工されます。

ちなみに、ここに3本の鮭の酒びたしがあります。この違いがわかりますか?



右の一番顔が険しい恐竜のような顔をしているのが三面川の鮭です。中央の鮭は村上の海で水揚げされたものです。左の頭が一番小さい鮭が北海道産の鮭です。この違いを一言で言うと脂ののりの違いです。川に向かうに従って脂が落ちていきます。だからと言って味が落ちるわけではないんですよ。この続きはまた次回お話します。

「ウライ」水没してました [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年11月26日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵の スタッフの『てつ』 です。

この時季村上市の三面川では川幅いっぱいに「ウライ」と呼ばれる「ヤナ場」を設けて、「落とし柵」というカゴ状の柵に鮭を誘導して捕らえる「一括採捕」を行なっています。しかし連日の雨で川が増水したため、水流がヤナを越えてしまいました。増水はサケ・マスの遡上を促す要素ですので、元気な鮭は一括採捕を逃れて上流で自然産卵することになります。三面川鮭産組合では毎年春に稚魚の放流を行なっていますが、これらに混じって自然孵化した稚魚も長い海の旅に出発することになります。このような状況がより強い「種」を残すことの一助になっているのかもしれません。


本来なら川幅一杯に「ウライ」が見えるのですが…。


カゴ状の「落とし柵」も水没寸前です。

以前の投稿したブログではこうでした。


冬の訪れ [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年11月24日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵の スタッフの『こっこ』 です。

県内では毎年白鳥の姿が見られる池が結構ありますが、村上市にある大池にも毎年白鳥がやって来ます。そして、今年ももう既に来ていました。白鳥の姿を見ると、あぁ今年も冬が来たな…と実感します。と同時に塩引鮭の時季だなとも…。
休日には小さい子供さんを連れた人達で賑わうので食パンなどを持って来てみては?




トラウトサーモン(紅鱒)塩引加工 [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年11月22日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵の スタッフの『Ko』 です。

村上市内のお客様でトラウトサーモンを紅鱒と呼ぶ方もいます。
トラウトサーモンは、身が紅色で脂が多く、魚特有のくさみが少ないのが特徴です。鮭乃蔵プラザ店ではそんなトラウトサーモンを塩引鮭と同じ手法で加工し販売しています。お客様の要望に応じて1本分から切身加工まで受け付けています。
是非プラザ店にもお立ち寄りください。







鮭皮ジャケット [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年11月21日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵 店長の三浦です。

本日は、鮭皮ジャケットを紹介します。このジャケットは、鮭の皮を加工し、鮭 48匹分の皮をつなぎ合わせて作られています。
ここ村上では、昔から鮭を大切にしてきました。鮭は捨てるところがないといわれるほどです。鮭に関する料理が100種類以上あるといわれいるほどです。そんな鮭好きな街ですから、鮭を食べる以外に何か使えないか? というところから「鮭皮ジャケット」が誕生しました。価格は25万ですが、正直、実用的ではありません。皮の質感は、蛇皮に似ています。過去に1着売れたという話がありました。機会がありましたらお気軽にお立ちよりください。
他の鮭皮製品もございます。後ほどご案内いたします。




紅葉の朝日駒ケ岳 [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年11月20日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵の スタッフの『てつ』 です。

村上市の旧朝日村にある「駒ヶ岳」です。 「駒ヶ岳」は全国に18山ほどあり、俗に朝日駒ケ岳(岩船駒ケ岳とも)と呼ばれているそうですが、朝日駒ヶ岳は776mと最も低い駒ヶ岳です。村上市(旧朝日村)高根から入り、朝日スーパーライン(一般県道鶴岡村上線)に新潟県-山形県県境付近で合流する「林道平床線」を走っているとその威容(異様?)が見えます。 撮影地点から山頂までの高低差は250mほどで、急峻な道の連続ですが、1時間程度で登頂できます。


「林道平床線」沿いの登山口からみた駒ケ岳


中腹から新潟-山形県境方面を眺める

「秋」一色 [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵の スタッフの『N』 です。

鮭乃蔵の店内は「秋」一色。近隣の山々も紅葉が見頃になりました。
しかし、ここ数日の暴風雨により紅葉も散り始め寒さが増してきました。鮭乃蔵の店内も「冬」に変えたほうが良いでしょうか?
まだまだ紅葉を楽しんでいたいのですが…。






塩引体験 [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年11月15日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵 店長の三浦です。

本日は、塩引体験を紹介します。
塩引き鮭は、村上を代表する鮭製品です。村上では、11月中旬から12月10日ごろ、外気温が10度以下になるといたるところで塩引鮭つくりが始まります。

塩引鮭は、村上の年越魚になっており、各家々で作られます。村上には、古から引き継がれた家が多く、その家の軒下につるし約2週間ほど寒風で干し上げ作られます。その塩引鮭つくりを体験していただく事で、村上の鮭文化や鮭に対する思いなど直に感じ取ってい頂くというのが、この塩引体験です。

塩引鮭の作り方は、また後日ご案内いたします。



サーモンアイス [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年11月14日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵の スタッフの『Ko』 です。

先日、新潟市の某テレビ局の企画で村上市の鮭についての取材がありました。その中で当店の“サーモンアイス”が取り上げられました。
人生初の取材で、非常に緊張しましたが、何とか無事撮影できました。リポーターの方には気に入っていただけたようで、一人で一つ食べてしまい、スタッフの方々は食べられませんでした…。残念…。
当店のサーモンアイスは、カップとモナカの2種類あり、ちょっと変わったスィーツです。これから暖房を使う時季です。バニラアイスがベースになりますので、喉が渇いた時にお一ついかがでしょうか。




塩引加工 時鮭 [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年11月13日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵の スタッフの『てつ』 です。

村上名産の塩引鮭は雄の秋鮭を加工しますが、今季2012年の「冬だより」カタログにて「塩引加工 時鮭」を販売しております。標津町沖の定置網漁で獲り、船上で活き〆にした貴重な時鮭を塩引鮭と同じ加工で仕上げた製品です。脂質が少なく良質なタンパク質が多いのが特徴の秋鮭に対して、脂のりが自慢の時鮭を使用しているので、その「脂」で通常の塩引鮭よりも「しっとり」とした感じに仕上がっています。塩引鮭とは異なる食感・風味をこの機会にお試しください。尚、特別規格品のため数量限定となっております。ご注文の際はお早めにお申し込みください。




ハゼ釣り [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年11月12日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵の スタッフの『てつ』 です。

久しぶりにハゼ(マハゼ)釣りに行ってきました。村上市内の主なハゼの釣り場は三面川、荒川河口です。早朝30分程度でしたが、楽しめました。ひと昔前に比べてサイズが小さくなってきているように感じますが、いつまでも普通に魚が釣れる健全な川であることを願わずにはいられません。
水温低下とともにハゼは沿岸部の深場に移動して釣れなくなり、本格的な鮭の遡上が始まります。今年は遡上が遅れているようですが、いよいよ鮭シーズンの到来です。
補足ですが、当然鮭は禁漁ですよ。


このくらいなら納得のサイズです。


大小さまざまです。

工場2Fの鮭の干し場 [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年11月10日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵の スタッフの『こっこ』 です。

ここは永徳の工場2階にある鮭の干し場です。
今はまだ何も無い状態ですが、これから塩引の鮭が、この部屋一面に吊るされます。ガラス張りになっているので、お店の駐車場から上を見上げると見えるようになっています。
ご来店時には是非見てください。



岩船漁港(いわふねぎょこう)競り場 [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年11月8日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵の スタッフの『てつ』 です。

村上市内の主な漁港は、以前紹介した村上市北西部の「寝屋漁港」と岩船地区の「岩船漁港」です。どちらも新潟県下で有数の水揚げを誇る漁港です。村上市沖の離島「粟島(あわしま)」への旅客船乗り場もこの港にあるため、「港」としての規模は「岩船漁港」が大きくなっています。「競り」は夕方行なわれますが、画像はその直前の風景です。永徳でもここから地魚を仕入れて、加工品を製造しています。


競り場から夕暮れの岩船漁港


競り場に並んだ魚達


本日の顔ぶれ

いくら醤油漬入荷 [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年11月7日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵 店長の三浦です。

今年の(新物)いくら醤油漬が入荷しました。
昨年に引き続き、今年も2年連続のモンドセレクション金賞を受賞した一品です。北海道産の新鮮な柔らかいイクラを一粒一粒手作業でほぐし、醤油たれに漬込みました。今年は、8月の時点で商品が売り切れとなってしまい、一部のお客様には、新物が出来るまで待っていただいておりました。ようやく、本日より500g入り5,250円で販売しております。

お気軽にお寄りお問い合わせください。




お待たせいたしました! [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年11月6日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵の スタッフの『N』 です。

お待たせいたしました!
永徳「冬だより」が完成いたしました。贈り物やお歳暮にピッタリの商品からご家庭で楽しめる商品まで取り揃えております。
また、定番商品を掲載したカタログも新しくなりました。
ご希望の方には、随時郵送しておりますので、是非お楽しみに!!

義経伝説・粟島の野生馬 [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年11月5日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵の スタッフの『てつ』 です。

以前紹介した「義経伝説・馬下(まおろし)」で「源義経・弁慶」が奥州平泉までの逃走中に険しい道のため、ここで馬を下りたという言い伝えに触れましたが、これには後日談があります。その馬が村上沖にある離島・粟島(あわしま)に渡ったといわれています。島には昭和7年に絶滅するまで野生馬が50〜60頭生息し、自由に島内を駆け巡っていたそうです。この野生馬が義経一行の馬の子孫ということですが・・・、真偽は如何に?
粟島は南北約6kmのサツマイモのような形の細長い島で、周囲は約23km、村上市側とは最短距離で約20km程度離れています。
※粟島では現在、野馬公園があり、乗馬体験ができるそうです。

粟島観光協会 http://awa-isle.jp/


村上市側からみた粟島

鮭巻昆布のご紹介 [鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵]


2012年11月2日

いつもお読みいただきありがとうございます。
鮭・いくらの通販 新潟村上 永徳 鮭乃蔵の スタッフの『Ko』 です。

当店の人気商品の一つ、鮭巻昆布のご紹介。
常温で長期保存が可能です。太巻1本からハーフまであり、お客様のお好みに合った品をお選びいただけます。食べ応え十分なので、夕飯のおかずやちょっとした贈り物にいかがでしょうか。




ページトップへ